現実的には全ての物事を二元論に還元する事は難しい。それが故に生じる曖昧さは、時に人を惑わせるが、同時に安心感を与える落とし所も提供する。形ある物体に裏と表を定義できるように、曖昧さとは、人々に妥協と調和を同時に与えるのだ。    

  世界はあまりに多くの謎に満ちていて、それらの1つ1つと向き合い、考えつづける事は不可能だ。 しかし、僕は酒にまつわる1つの謎については、自分のライフワークとして向き合い、考え続けている。それは、